• 096-201-3635
2018/07/05(木) 11:18

JPEG撮って出しとRAWデータからの変換及びPhotoshopによる調整の変化について

投稿者:
このアイテムを評価
(0 件の投票)

JPEGとRAWデータの違いは主に色数の多さであるとも言えますが、撮影時にそれらの違いがどの様に影響するかサンプルを提示してみます。

撮影条件

  • カメラ:Panasonic DMC-GX7
  • レンズ:Panasonic 14mm F2.5
  • ISO:200
  • シャッタースピード:1/320
  • F:4.5

1.JPEG撮って出し

deltaworks20180704 P1200390 1200390

これだけ明暗の差があるにも関わらずハイライトもシャドー部も良く出ていますね。これはカメラの画像解析エンジンが優秀だからと言うのがあります。

ただし可もなく不可もなくという優等生的な画像です。

2.RAW未調整データー

deltaworks20180704 P1200390 1200390 2

手前の船の部分は少し露出不足気味ですが、これは元々AUTOから-1絞り位で撮影していますので想定内です。続いてそこからLightroomでトーン調整をしてみます。

3.RAWデーターを元に色調調整

deltaworks20180704 P1200390 1200390 3

これでハイライト部アンダー部ともに必要な階調が出てきました。

下記が概ねの補正値です。

lightroom hosei

4.Photoshopによる最終調整

deltaworks20180704 P1200390 Edit

更に印象的な質感を作る為にPhotoshop による色調調整を行っています。

 

読む 798 回読まれました 最終修正日 2018/07/05(木) 13:07
浅川 浩二

自己紹介が難しい。あまりに色んな事をやりすぎてアイデンティティーが希薄になってしまった。何が出来るの?って聞かれると答えに窮する。ただ言えるのは、「友だちになれば便利な人だよ」という感じかな。

ブログ検索